葬儀の種類のひとつである社葬

葬儀を行う方法には、遺族のみで葬儀を執り行う家族葬から、遺族のみならずに友人や知人なども参加することができる一般的な葬儀などさまざまな方法がありますが、葬儀の方法として社葬と呼ばれる葬儀の方法があり、葬儀の方法は、会社や企業がメインとして執り行う葬儀のことをいいます。通常の場合では葬儀を執り行うとなると、なくなってしまった者の遺族である方が葬儀にかかる費用を負担することが通常となりますが、社葬の場合には企業や会社が葬儀にかかる費用を負担するといったことが多く、社葬といっても通常の葬儀と同じような葬儀のやり方をすることができたり、葬儀ではなくお別れ会のような形で式を執り行うことができたりなど、さまざまな方法をとることができ、会社や企業での葬儀となるため使用する会場は広い会場などが必要となります。

社葬の特徴と注意する点です

企業のトップが亡くなった場合に、社葬が行われる事があります。もちろん葬儀ですから亡くなった故人を悼む儀式ではありますが、それだけではなく会社の広報活動の意味もあります。企業のトップともなると、個人の死とは違い周囲への影響も計りしれないものがあります。そのため、社葬は一般の葬儀とは違い参列する人の人数も大人数で、場所も大きな場所で行われます。葬儀の内容も宗教色の強いものではなく、企業トップが亡くなっても今後大丈夫である事を社会にアピールするというものになりますから、費用も会社が負担するのが一般的になります。参列する側の人もくれぐれも注意が必要になります。それは、亡くなった企業のトップの葬儀であり、会社にとっては企業のトップが入れ替わるというスタートになるからです。主催する会社側も参列する側も会場で取引先の人と会っても大きな声で話さないなどの注意が必要です。

社葬とは会社が主体になり行なう葬儀です

社葬とは、会社が主体となり執り行なわれる葬儀です。そのため葬儀委員長などは、会社側から選ばれることになります。ですからその会社に多大なる功績があった人などが、その対象になります。創業者であるとか、業績を拡大させた社長や役員といった人たちが対象となる人物になります。そのため誰がこの社葬を行なってくれると言うものではありません。この葬儀を行なうことで、多くの取引先に次なる意志を示すことにもなります。葬儀の規模の大きさは、大きな意味を持つことにもなります。しかしこの社葬、会社によっては、扱いが決まっていないところもあり、その都度役員会などを開き、決定するところもあると言われます。葬儀の費用は、会社側が全て負担します。香典など、頂いたものに関しては、遺族へ渡されることになります。最近の傾向として、家族葬で一度葬儀を終わらしてから、再度、お別れの会と言った催しで行なわれるものが、多くなっています。