社葬と一般葬との違いとは

会長や社長など、企業にとって高い地位にある者や企業に貢献をした者が亡くなった場合や殉職者が出た場合に、「社葬」という、企業が中心となって追悼をする会が開かれる事があります。一般の葬儀との違いですが、一番は、運営の主体は企業であり、経費の全ても企業が負担をする、という点です。また、葬儀の規模についても、一般葬と比較をしてかなりの大人数が関わるので、大規模なものとなります。さらに、企業の人間と遺族だけではなく、取引先の会社からも多くの参列者が訪れるので、故人の功績や今後の企業の方針について他社へアピールをする重要な場であるとも言えます。一般葬とは違い、社葬は企業の今後の運営にも深く関わって来ます。正しい知識を持ち、また、どのようなマナーで臨まなければならないかを理解しておく必要があります。社会人として、きちんと理解をしておきましょう。

緊急時に備えて。正しい社葬の流れについて。

会社のトップや、功労者が亡くなった時に社をあげて「社葬」をおこなう場合があります。では、いざ葬儀、となった時に、どのような流れで行動をしなければならないのでしょうか。人間が亡くなる時期は、誰にも予測する事は出来ません。つまり、もしもの時がいつ訪れるかは誰にも分からないという事です。なので、葬儀を仕切らなければならないであろう立場の人は、正しい知識を身につけておくと同時に、基本的な流れを知っておくのがベストです。社葬を執り行うにあたって、関係してくるのは社内の人間だけではありません。葬儀社へももちろん連絡をしなければなりませんし、取引先にもその旨を知らせなければなりません。非常に多くの人々が関わってくるので、極めて迅速で正確な対応が求められます。取引先にも参列をしてもらうとなると、当然会社の今後の運営にも関わりますね。一社会人として、正しく理解をしておきましょう。

社葬におけるマナーについて

社葬におけるマナーは、基本的には故人葬と変わりません。しかしながら、相手側の企業の規模や格によっては、参列者もそれなりのポストの面々が集まることになります。ほとんどの人が正装なのに一人だけ平服では、会社の体面にも関わります。会社の代表であるという意識を忘れず、注意しておきましょう。また、社葬には多くの取引先などの関係者が参列をするので、花環や供物が果たす役割は故人葬と比べてより重要となります。会社の面子にも関わるので、手配は早めに行い、遅くとも葬儀の前日までには会場に届くようにしましょう。最も気をつけておきたいのは、社名や代表者の名前などをきちんと正確に伝えることです。口頭で伝えてしまうと間違いを引き起こしやすいので、メールやファックスなど、記録として残るものでやり取りをするのが望ましいでしょう。働いている以上、いつ取引先や自社の社葬に参列するか分かりません。社会人としての最低限の知識として、マナーについてしっかりと理解しておきましょう。