個人葬と社葬の違いについて

社葬は運営の主体が企業にあって、企業の経費で葬儀が行われるという点が普通の葬儀と分ける判断基準で、一般的な個人葬の場合には弔問を受ける葬儀主催者の喪主と葬儀の費用の負担と運営責任者の施主がほとんど一緒ですが、喪主が遺族の代表者が行い、施主が企業という事になり、葬儀委員長も企業の代表者が行います。社葬は個人葬と違って目的や趣旨が大きく違い個人層の場合には哀悼を慰安する事が趣旨となりますが、個人が企業残した業績や今後の体制を示す役割も行っていて、企業その物をアピールする場となっています。社葬は個人葬と比べて会葬者が多く、規模が大きい葬儀で多大な費用が掛かる事から、社外的な告知活動と実行委員が設置されたり税務上の手続きなど様々な準備や手続きが行われ、多くの会葬者の対応が必要なので行うための専門的なノウハウが必要です。

プレゼンテーション重視になってきている社葬

社葬は個人葬で密葬を行った後に行われるのが一般的な流れで、故人が亡くなった直後には家族の主催で近親者のみが参加する個人葬が行われた2~4週間ほどの間をおいて企業主催で行われます。本葬は僧侶の読経が行われる葬儀式と人数が多い一般会葬者が会葬する告別式に構成されていて、社葬は宗教儀礼を尊重している本葬としていて故人を送る儀礼に重みを置いていますが密葬が済んでいるの、最近では告別式に重みを置く社葬が増えていて、キオ核運営する時にはどのように行うかコンセプトが重要とされていて、故人が行ってきた企業への功績を世間に教える目的と、生前お世話になった事を故人に代わり企業として感謝を表す目的、そして企業の新しい体制を表す目的など様々です。行う場所もホテルなどで行ったプレゼンテーションを重視したお別れの会形式にする企業が多くなっています。

社葬を執り行う意義とは

会社にとって重要なポストにある人物、例えばその会社の会長や社長などが亡くなった場合、「社葬」を執り行う場合があります。では、それをおこなう意義とは何なのでしょうか。まず一番の目的とされるのは、故人が生前に会社に貢献した事を社をあげて称えるという事です。会社全体で功労者である故人を追悼して偲ぶ事は、故人にとっては何よりの供養となり、また、残された他の社員は、故人の志を受け継いで決意を新たにする場所となるでしょう。他にも、会社内だけでなく、取引先などに故人の功績を改めて披露すると同時に、今後の会社同士の付き合いをよりいっそう深めて欲しいという想いも込められています。会社にとって、功労者とも言える人物を失った事はとても大きな損失です。取引先にきちんと社葬を通して社の意志を示しておく事で、その後の関係の維持あるいは向上を期待する事も出来るでしょう。このように、社葬とは大変大きな意味を持っています。その意義についてしっかり理解しておきましょう。