社葬は会社自体の信頼にかかわります。

社葬は故人を弔うのと共に会社の知名度・信頼を上げる場でもあります。一個人の葬式とは違い式自体を執り行わない、またあまりに個性的な弔いをしてしまうと慰問側は戸惑ってしまうかも知れません。トップであった故人の業績を讃えると共に今後を引きつぐ会社の新体制を取引先に明らかにする役目もある為大変重要で失敗はできません。一般的でありながら威厳ある荘厳な式にしなければならず経験豊富な会社の担当者であっても一人で式の総指揮をとるのは難しい為、実績・信頼できる葬儀社にお願いするのが一番です。縁起が悪いと言われるかもしれませんがいつか必ず必要になる事です。大きな企業ほど様々な想定をして事前の準備が必要になりますので担当部署・担当者や葬儀社を決め重要な役目としてマニュアル作りなどをしておくと引き継ぎも簡単に済みます。

社葬を行う人はどんな人か

社葬は誰でも執り行うことが出来るわけではありません。では一体どんな人が行うでしょうか。規定はありませんが、企業の中では漠然とした方針があるかもしれません。社長や会長クラスになれば密葬の他に社葬を執り行うことがあります。親族が遺族となり、また配偶者や親兄弟が喪主となる一般的な葬儀と同等の意味を持つこともあります。その場合には遺族の気持ちをあまり尊重をすることは出来なくなります。会社のための葬儀という定義になってしまうので、故人のことを偲んで参列をするということもあまりないです。社交辞令的な意味合いがあります。社葬を行う人というのは、現役で企業のトップに立っている人であったり、トップに近い人が行うことが多いです。現役という部分がポイントです。元、ということになってしまえば、一般の葬儀という形になります。

社葬についての基礎情報

社葬とは、会社が施主になって行う葬儀のことです。社葬の目的は、会社に貢献した故人の功績を偲ぶとともに、事業の継承者の認知を行うことや、社会的ステータスを示すことであり、そこには一般的な葬儀とは違う、社会的な意味が含まれています。社葬の対象になるのは、主にその会社の創業者や経営者、そして役員などですが、会社に大きく貢献した社員や、勤務中の事故で殉職した社員なども対象になります。規模については、それぞれのケースで異なりますが、参列者が300人を超えるなど、一般的な葬儀よりも大きくなる傾向があります。そして費用は、規模の大きなものだと1、000万円程度かかる場合もあると言われています。また、費用の負担については、会社が全額負担する場合から一部負担する場合までありますが、会社内でのランクが高いほど、会社が負担する割合も高くなるというのが一般的です。

社葬の中では、費用が抑えられるため合同葬を行う中小企業が増えています。 社葬は、故人の供養でもあり、企業経営においては広報活動の意味もあります。 「株式会社フジテン」は、葬儀連の葬祭業安心度調査AAA認定を獲得。 社内外に影響のある社葬は、信頼できる葬儀社に依頼することが大切。 創業40年の富士典礼が、専門的な立場から社葬についてサポートいたします。 社葬をご検討の方へ